MEMBERS
ID:
PASS:
パスワードをお忘れの方はこちら
会員登録情報変更はこちら
SEARCH
Artist(アーティスト)
Title(タイトル)
All(オール)
カートの中身を確認
How to read
How to read
お電話でもオーダーできます
10,000円以上送料無料!
代引き手数料一切無料!
オーダー後2週間以内であれば商品到着の日時指定が可能!
会員登録
メルマガ配信登録
PUT THE RECORD BACK ON!!究極のDISCガイドVINYL7'S ULTIMATE DISC GUIDE
For Foreigner
VINYL7 RECORDS -blog-
VINYL7 RECORDINGS
レコード・CD・DVDの買取・トレード
クロネコ@ペイメント
クロネコ@ペイメント
RECOMMEND
絞込み検索 New Arrivals(このジャンルの新入荷商品のみ表示) ALL(このジャンルの商品を全て表示)
数字 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ
前の10件次の10件1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 ・・・51件〜60件(全482件中)
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX
TOWER OF POWER
EAST GREASE BAY
(1970/US/SAN FRANCISCO/SD 204)
サンフランシスコのバンドですね。R&B〜FUNKのバンドでもあり「ブラスロック」と呼ばれることもあります。バンドとしての実力は高く評価されていてかまやつひろし、RCサクセション、朱里エイコ、中村あゆみといった日本のアーティストとセッションしたこともあって日本でも有名なバンドです。またHUEY LEWIS & THE NEWSのバックを務めたこともよく知られています。このアルバムはそんなすごいバンドの一枚目のアルバム。HIP HOPリスナーにととってはDIAMOND D&THE PSYCHOTIC NEUROTICS"SALLY GOT A ONE TRACK MIND"においてこのアルバムから"SPARKLING IN THE SAND"がサンプリングされたことで有名です。1970年代のサンフランシスコ近辺といえばSLYやJANIS JOPLINなどの影響もあってかどこかサイケデリックな雰囲気もあり、一言では言い表せない良い意味でとっちらかったFUNKを堪能できるアルバムです。
#SAMPLINGSOURCE
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX-
WRECKX-N-EFFECT
RUMP SHAKER
(1992/UK/MCA/MCST 1725)
TEDDY RILEYと言えば「NEW JACK SWINGの人」ととして良く知られますがR&Bというか歌ものに限らず幅広く仕事ができるすごいプロデューサーですね。そんな彼が手がけたこのシングルもNEW JACK SWINGの次を見据えたハードコアHIP HOPだったと思います。柱になるビートはEMOTIONSの"BLIND ALLEY"で定番中の定番を使用しているのですがどこをどういじればこんなに固くて良い鳴りになるのか不思議に思えるくらいの鳴りに処理してます。そこにまたまた大ネタであるLAFAYETTE ROCK BAND"DARKEST LIGHT"のホーンを巧みに乗せてしまうシンプルながらも奥の深いプロダクション。仮にこの二つのネタが手元にあったとしても同じようにはなかなか上手く再現できないすごいトラック。こちらのUK盤には"RADIO REMIX(RAGGASIDE)"が入ってます。US盤もプロモで入ってる盤があるんですが意外と探しにくいです。見事なトースティングが入っていて通常の盤とはまた違った勢いがあって良いです。PHARRELL WILLIAMSのクレジットがあるのも良いですね。
#90SCLASSIC
#90SCLASSIC
Read More
Text by m.hisataakaa \1,200
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
BLACK BY DEMAND
CAN'T GET ENOUGH
(1988/US/TOMMY BOY/TB 921)
個人的に大好きなレコードでで偏った品揃えをしていた10年前のVINYL7 RECORDSでは定番アイテムでしたが、市民権を得てからはあまり見かけないレコードの1枚になってしまったような気がして少し寂しく感じます...まず人気の秘密その1はジャケットがカッコイイ!!HIP HOP独自の”やんちゃジャケ”で根っからのHIPHOPファンからしたらジャケだけでオッケーのアイテムではないでしょうか??そして内容も超ド級に渋い!!さすがは老舗レーベルTOMMY BOYからのリリースですよ〜KOOL&THE GANG使い!!そしてMIXED BY "PAUL C"!!B/Wには、コチラもKOOL&THE GANG使いの"ALL RAPPERS GIVE UP"収録!!このテンコ盛り具合は何なんでしょうか??これは文句なしの1枚。
#HIPHOPCLASSIC
Read More
Text by tahara \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
ELECTRIC POWER BAND,THE
SUGAR DADDY
(1983/US/BECKET RECORDS/BKD 518)
長いことE-P-B名義でリリースされたBEE PEEの盤がオリジナルだと思っていましたがこっちのBECKET盤の方が早んですね。BECKETはDISCOのレーベルとしておなじみのレーベルですが70年代後期から80年代にかけての「最先端」が知れる良いレーベルだと思います。そしてこれも当時の最先端な一枚。そろそろHIP HOP/RAPが影響力を持ち出した頃の作品だけにそんな雰囲気がしっかり感じられます。HIP HOP DJに好まれそうなテンポでとにかく可愛らしいメロディーと女性とも子供とも聴こえるボーカルが最高です。JACKSON 5などに代表されるようなバブルガムなソウルミュージックのエッセンスもしっかりあってオススメです。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:P
Condition:EX
FATHER M.C.
I'LL DO 4 U
(1990/US/UPTOWN/L33-1071)
大ネタ"GOT TO BE REAL"を惜しげもなく使った1曲です。制作はMARK ROONEY & MARK MORALES。ちなみにMARK MORALESはFAT BOYSのPRINCE MARKIE DEEです。PRINCE MARKIE DEEのソロ作などで気付く方は気付くと思うのですが、この周辺の方たちは大ネタ使いがとても上手です。同時期に進められていたMARY J. BLIGEのアルバムにもその名が記されているのですが、大ネタ+歌という「HIP HOP SOUL」という現在まで通用しているこのレシピはこの辺の人たちが作り上げたのかなー、と想像してしまいます。この曲もとにかくTRACKの作り方が非常に上手い!過度に加工することを避け、トラックの美味しいとこを生かしきってサビにMARY J. BLIGEの歌を上手く絡めているところにとても好感が持てます。ネタがネタだけにフロアを揺らすこと間違いなし!プロモ盤は通常盤とちょっと収録内容が違っていて”RADIO”、"EXTENDED"の各インストが入っています。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX-
GREGG DIAMOND
HOT BUTTERFLY
(1978/US/POLYDOR/PD-1-6162/2391 373)
ANDREA TRUE CONNECTIONを成功させたプロデューサーGREGG DIAMONDが仕掛けたプロジェクトがこのGREGG DIAMOND BIONIC BOOGIE。まずはゲストボーカリストにLUTHER VANDROSSを迎えた"HOT BUTTERFLY"が一押しですが、他にCISSY HOUSTONを迎えた"PARADISE"もオススメ。アルバムを通して非常に豪華に作られています。"HOT BUTTERFLY"は後にCHAKA KHANをはじめ何人かのシンガー達がカバーした事で有名になりますが、やはりこのオリジナルバージョンの完成度の高さは格別です。この曲はリリース時はDISCOチャートでの動きは良かったものの一般層にはあまり浸透しなかったそうで、後のレアグルーブブームの頃にURBANのコンピに収録されたことで一気に有名になったんだそうです。個人的にもその時に知った曲ですが今でも良い曲だなー、と感心します。DJ時に威力を発揮するのは言うまでもありません。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX
LOUIS BELLSON EXPLOSION
S/T
(1975/US/PABLO/2310-755)
私個人の話で恐縮ですが「サンプリングソース」みたいなことを頭に置いて聴くとどうしても音数が少ないものを好んでしまうためこういったレコードを好んで聴かない時期がありました。しかしふとしたきっかけで聴いてみるとまあ素晴らしいこと。あまり聴かなかったことを後悔するほどでした。70年代に入ってからのこうしたビッグバンドでのJAZZ FUNK作品というのは結構たくさんあるんですがこの作品は名ドラマーであるLOUIS BELLSONのリーダー作。ドラムソロも多くて非常に楽しい作品になっています。全体的に非常にテンションが高い演奏で特に管楽器隊との絡みは聴いているだけで汗が出てくるようなテンションの高さです。HERBIE HANCOCKの名曲のカバーである"CHAMELEON"ももちろんファンキーに仕上げられています。そして注目していただきたいのは"CARNABY STREET"。これがまたスリリングで格好良いです。
※ラベルがSIDE-1、2とも同じものが貼られています。書き込み有り。
試聴ファイルは"CHAMELEON"〜"CARNABY STREET"中盤のBREAK部分。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX-
MARLEY MARL
THE SYMPHONY
(1988/US/COLD CHILLIN'/0-22124)
MARLEY MARLとMR.MAGICが率いるJUICE CREWによるPOSSE CUT名作!MASTA ACE、CRAIG G、KOOL G RAP、BIG DADDY KANEと錚々たる面子がマイクをまわすという鳥肌モノの一枚です。そしてトラックはOTIS REDDINGの"HARD TO HANDLE"。ULTIMATE BREAKS & BEATSにも収録されていたほどの大ネタですが、多くの人にとってこの曲で使用されていたイメージが強いと思います。そのくらいの名曲です。そしてこの曲自体素晴らしいんですがこの曲のビデオがまた最高です。MC陣に加えてMARLEY MARLまでもがカウボーイのコスプレで酒場で暴れまくるという良いビデオでした。曲は名MC達によるPOSSE CUTということもあって少し長いのですが、3分とコンパクトに使える"MARLEY'S SYMPHONY SCRATCH"も非常におすすめです!!
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:P
Condition:EX
PHAROAH SANDERS
ELEVATION
(1973/US/ABC/IMPULSE/AS-9261)
名盤!ですね。JOHN COLTRANEのクインテットに在籍していたこともあってこの人の作品には「スピリチュル」という言葉がよく使われるんですがこの作品はそんな先入観なしに耳にすると思ったよりもポップに響くアルバムだとも思います。まずタイトル曲"ELEVATION"は、ヤン富田(DR.YANN)"BEAT OF PHAROAH"やJUNGLE BROTHERS”DONE BY THE FORCE OF NATURE”でサンプリングされていた事が有名です!これがもうHIP HOPリスナーには好まれること間違いなしのフレージングでループ感があって最高に格好よいです。18分となかなかの尺なんですが曲が進むにつれて耳を引きつける演奏はすごいです。MCCOY TYNERに捧げられた"GREETING ON SAUD"はおなじみのJOE BONNERのピアノが素晴らしく、"GATHERING"も長尺の演奏ながらも聴いているうちにあっという間に引き込まれてしまうすごい曲。GOSPEL、AFROなど様々な要素が絡んだ良いアルバムなのでおすすめです。
Read More
Text by m.hisataakaa \3,000
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:P
Condition:EX
SHARON PAIGE
TONIGHTS THE NIGHT
(1980/US/SOURCE/SOR-13952)
特に「レア」だとかそんな事情は無いんですがとても良い曲だと思います。クレジットには「SHARON PAIGE WITH HAROLD MELVIN & THE BLUENOTES」と記されていて、PRODUCEもHAROLD MELVINとなっています。もう説明するまでもなく完璧なまでにPHILLY産DISCO〜BOOGIEな雰囲気がばっちりです。SHARON PAIGEはこの後 HAROLD MELVIN & THE BLUENOTESの正式メンバーになるくらいですので非常に相性が良かったんでしょうね。一聴してわかります。最近店頭ではフランスのネットラジオをよく聴いているんですがそこでもよくかかります。彼らはBOOGIEやFUNKと呼ばれる音楽には一際こだわりがあるようなのでそこでかかるというのは良い作品である証だとも思います。またカップリングの"YOUR LOVE IS TAKING ME ON A JOURNEY"は HAROLD MELVIN & THE BLUENOTES名義でのバージョンが有名ですがリードボーカルがSAHRON PAIGEになっているこちらもおすすめです。良い曲です。
#OLDSCHOOL
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
前の10件次の10件1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 ・・・51件〜60件(全482件中)
絞込み検索 New Arrivals(このジャンルの新入荷商品のみ表示) ALL(このジャンルの商品を全て表示)
数字 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ
TOPページへ戻る
PAGE TOP