MEMBERS
ID:
PASS:
パスワードをお忘れの方はこちら
会員登録情報変更はこちら
SEARCH
Artist(アーティスト)
Title(タイトル)
All(オール)
カートの中身を確認
How to read
How to read
お電話でもオーダーできます
10,000円以上送料無料!
代引き手数料一切無料!
オーダー後2週間以内であれば商品到着の日時指定が可能!
会員登録
メルマガ配信登録
PUT THE RECORD BACK ON!!究極のDISCガイドVINYL7'S ULTIMATE DISC GUIDE
For Foreigner
VINYL7 RECORDS -blog-
VINYL7 RECORDINGS
レコード・CD・DVDの買取・トレード
クロネコ@ペイメント
クロネコ@ペイメント
RECOMMEND
絞込み検索 New Arrivals(このジャンルの新入荷商品のみ表示) ALL(このジャンルの商品を全て表示)
数字 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ
前の10件次の10件1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 ・・・31件〜40件(全565件中)
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX
ROBIN KENYATTA
GYPSY MAN
(1973/US/ATLANTIC/SD 1633)
今でこそ異ジャンルどうしが合わさった音楽と言うのは普通に存在するものだと思うんですが昔は明確なお手本も少なかったわけで、そうした作品を残すことはなかなか大変だったんだろうなーと思います。しかしJAZZミュージシャンはその特徴ある演奏形態を武器にして異ジャンルの取り込みにも果敢に挑戦し良い作品をたくさん残していますね。ROBIN KENYATTAのこのアルバムもJAZZという演奏形態を取りながら様々なジャンルの要素を盛り込んだアルバムに仕上がっていて大変良いです。タイトル曲"GYPSY MAN"はこの時代に流行していたFUNKを大々的に導入。映画のタイトル曲としてヒットしたスタンダード曲"LAST TANGO IN PARIS"。そしてSTEVIE WONDER作の"SEEMS SO LONG"やOTIS REDDINGの"I'VE GOT DREAMS TO REMEMBER"といったカバー曲は演奏、アレンジともお見事。そしてアフロセントリックな要素が強いオリジナル曲"REFRECTIVE SILENCE"も特徴的なリズムと怪しげな雰囲気がめちゃくちゃ格好良いです。
Read More
Text by m.hisataakaa \2,000
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
TREACHEROUS THREE, THE
PUT THE BOOGIE IN YOUR BODY
(1981/US/ENJOY/ER-6018)
本当にOLD SCHOOLらしいOLD SCHOOLですね。この頃のHIP HOPの曲は「LIVEで盛り上げてなんぼ」な雰囲気が濃くあるような気がします。RAPの聴かせ方ももちろんですが観客を巻き込んでのコールアンドレスポンスの部分までもしっかりと記録されているのがとても良いです。TREACHEROUS THREEの他の曲でも聴ける息のあった短い小節でのマイクリレーとともにこのあたりのマイク捌きのスキルみたいなところは今聴いても非常に楽しいものです。またこの曲同じタイトルでバックトラックが全く違うものがありますね。赤色のラベルでER-6028の番号の記載がある盤に収録されているほうはPARLIAMENTの"FLASHLIGHT"の弾き直しになっています。ちなみにこちらの銀色のラベルの盤でも状態が良いものに出会うことは本当に少なくなってしまいました。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,200
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:P
Condition:EX
ATTITUDE
WE GOT THE JUICE
(1983/US/ATLANTIC / RFC/DMD 601)
THE SYSTEMとしておなじみのDAVID FRANKとMIC MURPHYが手がけたグループによるヒット曲。ELECTRO FUNKよ呼ばれる80年代特有の空気感が濃くて良い感じです。当時人気を博したMEGAMIXもののレコードにもよく使用されていて有名なものだと"BIG APPEL II" なんかはど頭でこれのアカペラが出て来ます。またスクラッチっぽい音(実際にレコードを擦っている音ではないです)やラップが入っているところは当時勢いを増しつつあったHIP HOPを意識しているようでその辺もポイント高いです。まだまだリリース量が少なかったHIP HOPのレコードと並べてかけられていたんだろうなー、なんて想像をしながら聴くと楽しくなります。"DUB"や原曲のアカペラをパーツごとに分けて収録した"A CAPELLA GLIMER"といった当時のDJに向けて収録された溝も今でもいろいろ役に立つと思います。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,200
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
BIG PUNISHER
STILL NOT A PLAYER
(1998/US/LOUD/RDAB-65436-1)
今ではすっかり「大ネタ」として認識されているBRENDA RUSSELLの"A LITTLE BIT OF LOVE"。このネタを「大ネタ」にしたのはこの曲のヒットが大きいでしょう。(※最初にサンプリングされたのはCOOKIE CREWの"SECRETS(OF SUCCESS)"ですが。)これがかなり手の込んだトラックになっていて手がけているのがKNOBODYなるクレジット。この人BLACK EYEというデュオやE.BROSだったJEROME FOSTERさんなんですね。この前にもJAY-Zの"CAN'T KNOCK THE HUSTLE"を当ててますしその後も結構な数のヒット曲の制作をやってます。かなりスキルフルな職人が制作したトラックの上にMCとして非常に評価が高いBIG PUNのラップにJOEの歌まで乗ってるんですから悪いわけがありませんね。超NY CLASSICな風格を感じます。 今回入荷分は"TWINZ(DEEP COVER 98)" が入っていない盤。
Read More
Text by m.hisataakaa \500
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX-
BLACKBYRDS, THE
ACTION
(1977/US/FANTASY/F-9535)
1974年から1980年の6年間で7枚のアルバムをリリース。これは1977年リリースの6枚目の作品。年に一枚ペースのリリースとなかなか多作なグループ。短い間にアレンジががどんどん洗練されていく様子が顕著で作品を順番に聴いていくのも楽しいグループです。DONALD BYRDのお弟子さん的な立ち位置のグループであるので師匠譲りな変化があるのも良いですね。師匠のDONALD BYRDは1975年に"PLACES AND SPACES"、"STEPPING INTO TOMORROW"。1976年に"CARICATURES"をリリース。やはりこのアルバムもその辺の作品との共通点がたくさんあります。サンプリングソースとして好まれる雰囲気の楽曲が多いのもこの時代のこうしたJAZZ FUNK作品の特徴。このアルバムも「大ネタ」としておなじみの"MYSTERIOUS VIBES"を収録。特にこの曲をサンプリングしたKURIOUS"I'M KURIOUS"はHIP HOP CLASSICとして有名な曲なのでご存知の方も多いでしょう。またTUFF CREWの"MY PART OF TOWN"のあのギターリフが鳴る"STREET GAMES"も格好良いです。サンプリングソースしてはもちろんアルバムとして、そしてこの時代の「JAZZ FUNK」の特徴がよく出た作品として様々な角度から楽しめる一枚。
※ジャケットに少しダメージあります。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX-
BLUES PROJECT, THE
THE BLUES PROJECT LIVE AT TOWN HALL
(1967/US/VERVE FORECAST/FT-3025)
DANNY KALB、STEVE KUTZ、AL KOOPER、ANDY KULBERG、DONALD KRETMER、ROY BLUMENFIELD、TOMMY FLANDERSと凄い面子からなるグループ。1960年代特有の「JAZZ、BLUES、R&Bを元にFOLKやサイケデリックな感覚も取り入れたROCK」をひたすら真面目にやったグループ。といったところでしょうか。BEATLESやROLLING STONESのアメリカでのヒットというのはとても大きな出来事だったでしょう。しかしながら彼らが挑戦したその特異な音楽性よりもやはり「アイドル」的な存在感が大きく評価されていたのでは?と思う部分が多少あります。そんな状況の中でイギリスのバンドが提示した音楽的な特徴をさらに発展させることに注力したかのようなTHE BLUES PROJECTのようなバンドは、セールス的には振るわなかったにしてもとても大きな意義があったことなんだろうな、とアルバムを通して聴くと思えてきます。BEATSIE BOYSが"FLUTE LOOP"でサンプリングした"FLUTE THING"のライブテイク"(ELECTRIC) FLUTE THING"はサンプリングソースとして有名な曲ですがその他の収録曲もJAZZ、BLUES、R&Bから受けた影響をROCKやFUNKへと発展させていく様子がよくわかる素晴らしい内容です。
MONO盤です!
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:EP
Type:R
Condition:EX-
JANET JACKSON
THAT'S THE WAY LOVE GOES(45)
(1993/US/VIRGIN / JDJ ENTERTAINMENT/S7-17332)
80年代以来、常に時代をリードするような楽曲を発表しているJANET JACKSON。そんな彼女が90年代初頭のトレンドを存分に盛り込んだのがこの曲。メロディーの美しさとそれを歌うJANET JACKSONの実力はもちろん大きいのですが当時すごい勢いで流行したサンプリングが随所に使用されたトラックもとても良いです。まず一聴して耳に飛び込んでくるのがTHE HONEY DRIPPERSの定番"IMPEACH THE PRESIDENT"のドラムブレイク。かなり太い音質でループされていてこのサンプルの鳴りが演出した「90年代らしさ」が格好良いです。そしてもう一つJAMES BROWNの"PAPA DON'T TAKE NO MESS"のサンプルも存在感があります。音量は小さいくてもこれの切り貼りでの入れ方が絶妙です。このへんの処理の巧さはやはりJAM & LEWISならでは。赤色のクリアヴァイナルで裏面にはINSTRUMENTALも収録。持ってると嬉しい一枚だと思います。
#45※この商品は45回転7インチシングルです。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:NM
ROBIN
THE BEST THING YOU CAN DO IS LOVE ME
(1988/US/JERNI/JR 1202)
マイナーものと言うとHIP HOPにおいては有名なものも既にたくさんありますね。同じようにR&Bにもマイナーな存在の音源がたくさん存在します。ただそういった音源はリリースされた量があまりにも多過ぎて何が何だかさっぱりわかりません。狙っていくとなかなか思うようなものに出会えることは少ないんですが、本当に偶然に出会うものの中には良いものがあったりもします。これもそんな一枚であまりにも地味なパッケージからは想像できなかったのですが針を落としてみるとなかなか良いです。1988年くらいのマイナーなR&B作品において最も多く、がっかりさせられるものが中途半端なNEW JACK SWINGっぽい雰囲気のものなんですがこの作品にはNEW JACK SWINGっぽさが全くありません。打ち込みのリズムではありますがかなりクラッシックなR&Bのフォーマットに沿っていて良い感じです。SIGMA SOUND STUDIOSでの制作で制作者のクレジットにはWELDON A. MCDOUGAL IIIとベテランの名も確認できます。実はなかなか安心感のある一枚です。
Read More
Text by m.hisataaaa \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
WISH featuring FONDA RAE
TUCH ME
(1984/US/KN/KN 1001)
日本でもかなり知名度の高い曲ですね。WINKやBONNIE PINKもカバーしたくらいです。そしてクレジットにGREG CARMICHEL & PATRICK ADAMSの名があるとおり、ダンスミュージック好きの期待を決して裏切らない内容!「GREG CARMICHELやPATRICK ADAMSが作ったレコードはだいたい良いな」って認識はしているんですがこの辺の人たちってそこまでアレンジに特徴があるわけでは無いけどあまり外さないところはすごいな。と最近思います。この曲もそうですがちゃんと最新のトレンドみたいなとこに貪欲なんですね。1984年リリースらしく当時の流行であるエレクトリックな質感が出ているところなんかは特に。FONDA RAEのようなシンガーもそうですが変にトレンドに逆らわないっていうのは職人的で格好良いです。黄色ラベルで曲名の表記が"TUCH ME"になった盤です。
#OLDSCHOOL
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX
ANITA BAKER
GIVING YOU THE BEST THAT I GOT
(1988/US/ELEKTRA/60827-1)
それまでのR&BチャートがTHE CASH BOXにおいてBLACK CONTEMPORARYチャートに名称が変更さた頃の音楽を聴いていると「R&B」というジャンルがどこまでをカバーするのか実にあやふやに思えてきますね。日本では「ブラコン」と呼ばれた、この頃の楽曲は今までそんなに注目されてこなかったので改めて聴いてみるのも良いかと思います。ちょっと違うニュアンスを含むところもありますがこの手のカテゴリーの中でやはりSADEあたりも有名でした。そしてレコード会社のセールスプロモーション上、SADEにとっての良き対抗馬にされたのがこのANITA BAKERだったような気がします。SADEとはまた違った「アメリカっぽい都会らしさ」。そして当時並行して流行していたSMOOTH JAZZのような要素も多く入っているところはとても素敵です。ヒットしたタイトル曲やA TRIBE CALLED QUESTのヒット曲"STRESSED OUT"でメロディーを拝借された"GOOD LOVE"あたりは非常におすすめ。アルバム通して一貫した大人っぽい雰囲気があって非常に楽しめます。
#80SCLASSIC
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
前の10件次の10件1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 ・・・31件〜40件(全565件中)
絞込み検索 New Arrivals(このジャンルの新入荷商品のみ表示) ALL(このジャンルの商品を全て表示)
数字 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ
TOPページへ戻る
PAGE TOP