MEMBERS
ID:
PASS:
パスワードをお忘れの方はこちら
会員登録情報変更はこちら
SEARCH
Artist(アーティスト)
Title(タイトル)
All(オール)
カートの中身を確認
How to read
How to read
お電話でもオーダーできます
10,000円以上送料無料!
代引き手数料一切無料!
オーダー後2週間以内であれば商品到着の日時指定が可能!
会員登録
メルマガ配信登録
PUT THE RECORD BACK ON!!究極のDISCガイドVINYL7'S ULTIMATE DISC GUIDE
For Foreigner
VINYL7 RECORDS -blog-
VINYL7 RECORDINGS
レコード・CD・DVDの買取・トレード
クロネコ@ペイメント
クロネコ@ペイメント
RECOMMEND
絞込み検索 New Arrivals(このジャンルの新入荷商品のみ表示) ALL(このジャンルの商品を全て表示)
数字 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ
次の1件1 | 21件〜10件(全11件中)
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX-
BLUES PROJECT, THE
THE BLUES PROJECT LIVE AT TOWN HALL
(1967/US/VERVE FORECAST/FT-3025)
DANNY KALB、STEVE KUTZ、AL KOOPER、ANDY KULBERG、DONALD KRETMER、ROY BLUMENFIELD、TOMMY FLANDERSと凄い面子からなるグループ。1960年代特有の「JAZZ、BLUES、R&Bを元にFOLKやサイケデリックな感覚も取り入れたROCK」をひたすら真面目にやったグループ。といったところでしょうか。BEATLESやROLLING STONESのアメリカでのヒットというのはとても大きな出来事だったでしょう。しかしながら彼らが挑戦したその特異な音楽性よりもやはり「アイドル」的な存在感が大きく評価されていたのでは?と思う部分が多少あります。そんな状況の中でイギリスのバンドが提示した音楽的な特徴をさらに発展させることに注力したかのようなTHE BLUES PROJECTのようなバンドは、セールス的には振るわなかったにしてもとても大きな意義があったことなんだろうな、とアルバムを通して聴くと思えてきます。BEATSIE BOYSが"FLUTE LOOP"でサンプリングした"FLUTE THING"のライブテイク"(ELECTRIC) FLUTE THING"はサンプリングソースとして有名な曲ですがその他の収録曲もJAZZ、BLUES、R&Bから受けた影響をROCKやFUNKへと発展させていく様子がよくわかる素晴らしい内容です。
MONO盤です!
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX-
BRICK
STONEHEART
(1979/US/BANG/JZ 35969)
3作目のアルバム。それまでのDISCO〜FUNK〜JAZZな作風は踏襲しながらもより洗練されたDISCOっぽいカラーが強くなりかなり聴きやすい内容になっています。特にメロディーが耳に残る曲が多く、明確にリードボーカルの存在を意識できるような楽曲"BY THE MOONLIGHT"、"LIFE IS WHAT YOU MAKE IT"、"RAISE YOUR HANDS"あたりはおすすめです。またインスト曲"WE'LL LOVE"はこの頃から流行するSMOOTH JAZZ〜FUSIONの雰囲気を漂わせて居て、バンドのリーダーであるJIMMY BROWNがSAX、FLUTE、TROMBONE、TRUMPETと様々な管楽器を操れることを思い出させます。それまでのアルバムに比べると「サンプリングソース!」みたいなとこが無いためどうも忘れられがちな気もするアルバムですがすごく良いですよ。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,200
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX
BILL COSBY
IS NOT HIMSELF THESE DAYS RAT OWN RAT OWN RAT OWN
(1976/US/CAPITOL/ST-2-11530-H-3)
人気コメディアン"BILL COSBY"の76年作。勿論、ユーモラス溢れる語り(ネタ)を披露しながらも本作の醍醐味はバックを努めるミュージシャンによる素晴らしい演奏につきます、アルバムを通してメロウでジャジーな楽曲からファンキーでロック調の楽曲まで幅広い演奏が楽しめる素晴らしい内容。その中でも収録されている"BEN"はJURASSIC 5の"AFTER SCHOOL SPECIAL"でサンプリングされていたりしてネタ盤としても評価されていましたね。個人的にはその"BEN"に加えて、語りが乗らず、時折コーラスが絡むメロウなインスト曲"YOU'RE DRIVING ME CRAZY"がムードたっぷりでオススメですね。他にもファンク直系の演奏にJ.B.顔負けのシャウトがのる"I LUV MYSELF BETTER THAN I LUV MYSELF"も素晴らしいです。オススメ!
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
BLACK BY DEMAND
CAN'T GET ENOUGH
(1988/US/TOMMY BOY/TB 921)
最近になってドキュメンタリーが作られているらしく再び注目を集めている気がするPAUL C.が関わっている一枚。PRODUCED BY のクレジットが入っている作品も多くプロデューサーとして扱われてしまうことも多くいろいろと誤解されてしまうことも多い気もします。しかし!この人の真価はやはりエンジニアリング全般ができるというところではないでしょうか?このレコードにおいてもクレジット上の立ち位置はMIXER。トラックはCHRIS MOOREによるもの。CHRIS MOOREとPAUL Cの関係は結構深く、あのTRIO CONNECTIONの二枚のシングルもこの二人が手がけています。その辺のことも頭に入れて聴くとなかなか趣のあるこのシングル。当時のHIP HOPのプロダクションを知るには必須ですよ。当時のTOMMY BOYらしくアルバムまで出せていないところも今となっては愛おしいものがあります。
#HIPHOPCLASSIC
Read More
Text by tahara \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:P
Condition:EX
BEN SIDRAN FEATURING STEVE MILLER
SPACE COWBOY
(1986/US/MAGENTA RECORDS/MA-17421)
STEVE MILLER BANDに在籍したキーボーディスト、BEN SIDRANが旧知の仲であるSTEVE MILLERをボーカルとギターに迎えてLIVEで披露したバージョンの12インチシングル。もともとSTEVE MILLER BANDとして1969年のアルバム"BRAVE NEW WORLD"に収録していた楽曲でオリジナルは時代を反映したサイケデリックなロック曲。しかしBEN SIDRAN名義のこのレコードのバージョンはJAZZの要素を強く感じさせるアレンジ。それもそのはずBEN SIDRANはSTEVE MILLER BANDを脱退した後はかなりJAZZへのアプローチを強くした作品をたくさんリリースしていたことで知られています。これもそんなBEN SIDRANらしさが溢れたアレンジになっています。その上で歌とギターを披露するSTEVE MILLER、途中で素晴らしいソロを聴かせるBILL PETERSON(彼もSTEVE MILLER BANDに在籍)が素晴らしいです!歳を重ねたからこそできる表現とでも言いましょうか。とにかく素晴らしい12インチシングルでおすすめです。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX
BJRE
LIVE AT MONTREUX AND WOLF TRAP
(1976/US/-)
BUDDY RICH"CHANNEL ONE SUITE"のカバーを収録!抜きどころも多くクリエイター必見なのはもちろんですがBUCKNELL JAZZ & ROCK ANSEMBLEの名の通り非常にスリリングに聴かせる場面も多く楽しめるアルバムです。ジャズライブの聖地MONTREUXとWOLF TRAPでのライブ録音盤。残しているアルバムが少ないだけに知る人ぞ知るバンドですが内容は素晴らしいです。この盤も限りなく自主盤に近いパッケージでそそります。こういうのは狙って捕獲しようと思うと意外に難しいので見た時が買い時ですよ!!
Read More
Text by m.hisataakaa \2,000
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
BARBARA PENNINGTON
TWENTY-FOUR HOURS A DAY
(1977/US/UA/UA-DW928-C)
文字にすると「ずん、ずん、ずん…」というベースライン(伝わりにくいので試聴ファイルでどうぞ)とドラム、オケヒット(控えめ)で進むブレイクからして「DISCO」の雰囲気が溢れんばかりに出ている良いシングルです。ド頭のブレイクが非常に長くとてもじらす感じに引っ張るのですがDJにとってはやはりこの仕様はなにかと使いやすくて便利です。制作サイドはよくわかっていらっしゃいます。そしてさんざんじらされた後に「グワッと」ボーカル、各楽器が前に出て来たときの開放感はやはりたまりません。格別です。そしてひとしきり盛り上がった後にまたブレイクが続くのですが、この仕掛けが一癖有ります。明らかに「編集」している事を意識させるEDITなんですが、コレが更にじらす効果を生んでいます。このしつこさはある意味珍しいのではないのでしょうか。面白いシングルです。※試聴ファイルはサイズの都合上途中からとなります。
Read More
Text by m.hisataakaa \800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:NM
BLACKMALE
BODY TALK
(1989/US/RUFF HOUSE)
ド頭から強烈なエディットで幕を開ける"EXTENDED MIX"途中で"FUNKY DRUMMER"が顔を見せるオツなMIXの"STREET MIX"ともにジャケから全く想像のつかないズルムケミドル!!コノ時代のレコードでよくVERSION違いが収録されているにもかかわらず内容が全く同じだったり、しっくりとこない駄作MIXが収録されていたりとウンザリしてしまうことは皆さんよく経験されているんじゃないでしょうか??試聴ファイルを開いてもらえれば分かると思いますが、どちら共に使い勝ってがよく全く期待を裏切っていないということが分かってもらえるとおもいます。MC SHAN"DOWN BY LOW"COOL C"JUICE DIS"を連想させるキラーMIDDLE!!初期の『RUFF HOUSE』レーベルのものはどれも見逃せません!!
*ジャケット左上に小さな切り込み有り。
Read More
Text by tahara \1,200
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
BRIAN AND TONY GOLD
RONI
(2019/US/TWO FRIENDS RECORDS/SIR068)
REGGAEの世界では伝統的な「USで流行した曲のカバー」です。これはBOBBY BROWNが歌ってヒットした"RONI"のカバーです。原曲はしっとりとしたSLOW JAMといった趣の楽曲。しかしこのカバーはDANCEHALL調のアレンジと独自に足されたフックも良い感じでちょっとダンサブルに仕上がっています。こういうのって好き嫌いがすごくはっきり別れるもんだとはわかっているんですが知っている曲のREGGAEカバーは必ず買ってしまいます。私は。正直「これをクラブでかければバカ受け!!」みたいなことを言うつもりは全く無いですが家に友達が来た時なんかはさりげなくかけたりはしたいですね。「なにこれ?」ってとこから話は広がりますから。でも好きな人にはたまらないレコードだとも思いますよ。こういうの。リリース年ははっきりわからないんですが1991年リリースのアルバムの告知がラベルにありますのでそのへんでしょう。またB面には"CLUB MIX"というクレジットになっていますがほぼアカペラのバージョンが入っていてこれも良いおもちゃです。
#REGGAE
Read More
Text by m.hisataakaa \1,200
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
BYRON LEE & THE DRAGONAIRES
SOCA BUTTERFLY
(1994/JAMAICA/DYNAMIC)
ちょっとDISCOやDANCE CLASSICと呼ばれている音楽から外れてしまいますが今回ご紹介するのは「SOCA」の名曲です。ソウル (Soul) とカリプソ (Calypso) の合わさったものと言われアメリカのDISCO音楽やジャマイカのダンスホールレゲエからの影響(OSCAR BとADMIRAL BAILEYを客演に迎えています)も大きく受けているためとても楽しい音楽です。これは1988年に最初にリリースされた曲(この12インチは1994年のクレジットです)でその頃の音楽の「なんかどっかで聴いた事があるフレーズ」があちこちにちりばめられていてとても陽気な雰囲気と相まって非常にキャッチーな仕上がり。BPMもおおよそ105前後の打ち込みによるリズムトラックなのでHIP HOPとの相性もとても良いです。少し遅めのDISCOとも繋ぎやすいのでとても良いアクセントになる一枚だと思います。
#REGGAE
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
次の1件1 | 21件〜10件(全11件中)
絞込み検索 New Arrivals(このジャンルの新入荷商品のみ表示) ALL(このジャンルの商品を全て表示)
数字 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ
TOPページへ戻る
PAGE TOP