PUT THE RECORD BACK ON!!
究極のDISCガイドVINYL7'S ULTIMATE DISC GUIDE
PUT THE RECORD BACK ON!!

さてさて、第6回目を迎えました「PUT THE RECORD BACK ON!」。
これからは「SOUL」や「FUNK」、「JAZZ」といったレコードについて触れていきたいと思います。「独断と偏見で」が闊歩するこのコーナー。今回も個人的な主観をたっぷりと交えてお送りしてきます。

アメリカを中心に世界全体が成長を続けていた70〜80年代には、人々の前向きなエネルギーや大きな問題に対する怒りのパワーといった感情が昇華した特別な力を持った楽曲やアルバムが数多く生み出されました。そして、人気のレコードが集中してリリースされていた時代から40年近くが経とうとしている中、当時ヒットしたものや名盤として長く親しまれているもの、そしてニューディスカバリーとしてその時代その時代のトレンドにマッチしたレコードが数多くの人の手によって発掘されてきました。未だに再評価やニューディスカバリーが絶えない、音楽のGOLDEN ERAと言えるかもしれません。

そんな名盤や素晴しい楽曲を、音楽のフィーリングの2大要素、「FUNKY」と「MELLOW」というキーワードに分けて選んでみました。

まず一発目は、「FUNKY」です!
音だけでなく、レコードのジャケットについてもなんかも触れてざっくばらんな4つテーマで進めていきたいと思います。
中々たくさんのレコードを上げてみましたが、お気に入りの1枚を見つけるヒントになればと思っております。

text by yasushi。

SOUL&JAZZ特集「WE LIKE FUNKY MUSIC!」
PAGETOP